ゲーム業界マンガ「大東京トイボックス」をオススメする理由

こんにちは、鬼木です。(Twitterはコチラ!

みなさん漫画って読まれますか?

ぼくはマンガが大好きでよく読むんですがその中でも今回はゲーム業界をテーマにしたお仕事マンガ「東京トイボックス」(全2巻)と続編の「大東京トイボックス」(全10巻)の紹介をしたいと思います。

作者・うめ(原作と作画のマンガ家コンビ) さんによるゲーム業界で奮闘する主人公たちを描いたアツいお仕事マンガです。

こちらのマンガはぼくが当時専門学生のころにサイバーコネクトツーさんの会社説明会に参加する機会がありまして、そこで社長の松山洋さんがオススメだと熱弁されていたので読んでみたのですが、このマンガの主人公たちのアツい仕事ぶりに感化されてぼくもゲーム業界行こう!と後押しされたマンガでもあります。

あらすじ

弱小ゲーム会社の社長・天川太陽と、そこに出向を命じられたエリートOL・月山星乃を中心としたストーリー。

ゲーム開発現場という特殊で過酷な環境を舞台に、開発者が常に抱く【ゲームのクオリティとスケジュールの厳守】という葛藤をトラブルもありながら明るく繰り広げていく物語です。

以下、オススメポイントです

仕事のつらい部分や人間の弱さを描いているリアルなお仕事マンガ

お仕事マンガの類は、仕事で成功した部分にスポットが当たりがちですがこのマンガのいいところは仕事のつらさや、人間の弱い部分をリアルに描いているところです。

大東京トイボックスで新しく登場したゲーム業界にあこがれる新人プランナーの百田モモが、初仕事の場面でゲームの企画という大きな壁の前に仕事から逃げ出してしまう場面があるのですがそのシーンがコチラ

企画の期限が迫っているのに仮病をつかって現実逃避しています。

大好きな仕事を選んだはずなのに、楽しいはずなのに。。。

それでも想像以上にうまくいかなくて挫けて逃げ出してしまうときもあると思います。

つい虚勢をはってしまうときもあるでしょう。こんな感じに↓

このシーンは見ててつらくなります。

ぼくも昔新人のころやる気と根性はあるけど技術がなくて仕事が遅れまくって迷惑をかけている状況が悔しくて表にはださないけど心は泣いているときがありました。

大東京トイボックスには、真正面から仕事にぶつかっている人なら心にくるシーンがたくさんあると思います。

このあと百田モモがどのようにして立ち直っていくのかはぜひ大東京トイボックスを読んで確認してみてください。勇気をもらえるかもしれません。

このマンガは2012年のマンガ大賞2位に選ばれていますしアニメ化と実写ドラマ化もされていることから高い人気が伺えます。読んで損はしませんよ!

以下Amazonリンクです。パート分けされているので大東京トイボックスから読んでも問題ないと思います

コチラはパート1にあたる東京トイボックス

コチラがパート2の大東京トイボックス

それでは、また