【市場価値!】社内評価と社外評価がもたらす効果

みなさんこんにちは、ゲーム業界3DCGデザイナーの鬼木です(Twitterはコチラ!)

さて、今回は市場価値と密接に関わってくる社内の評価と社外の評価の違いと効果について書きました。

転職の考え方で参考になる本です↓オススメ!

社内評価

まず社内の評価とは、上司や後輩など社内の人間から受ける、会社という枠組みの中での相対的な評価になります。

つまり社内での評価で会社内での自分の権限、給料の査定に大きく関わってきます。

確かに社内評価は大事です。

社内評価が高くないと給料も多くもらえないし、その上仕事で重宝されなくなり次第に自尊心も失われていくので出社するのが苦痛になってきます。

ストレスフリーな会社員生活を送るには、努力して社内評価を勝ち取ることが重要です。

ただし、この社内評価だけを気にしていてもいけません。次は社外評価について見てみましょう。

社外評価

社内評価を得られたら次は社外評価です。

社外評価とは言葉の通り会社の外からの評価です。

つまり会社の看板がなくてもいち個人として相応に評価され戦っていけるかどうか?ということです。

例えば転職を考えているとしましょう。

転職市場では前職での「上司からの評価」や「会社からの評価」は意味を持ちません。

転職に限らずフリーランスでも同じことですが会社という枠組みから外れたとき、自分にどんな市場価値があるのか意識して行動していくことが大切です。

そのときオススメなのが今すぐ実際に転職する気はなくても定期的に転職エージェントなどを通して転職活動を始めてみることです。

自分が「引く手あまたの売れる人材」なのか、それとも「微妙な人材」なのか。

転職者が商品となる転職エージェントの人たちの態度や対応で見極めていきましょう。

ちなみにぼくも利用したことがありますがCGデザイナーの人たちにとってはデザイナー系専門のレバテックキャリアという転職エージェントがオススメです!!

上記画像のように使えるツールや年収で絞り込むことができ、エージェント自身も専門用語など通じるのでとてもスムーズでより自分の意志に寄り添った転職候補先を提示してくれます。

今の自分がどのレベルの会社を狙えるのか調べるためにも一度登録して面談してみてはいかがでしょうか?もちろん完全無料です

レバテックキャリア に無料登録してみる←

認知度

実は市場価値にブーストをかける方法があります。

それが認知度!!

社外からの認知度を高めるにはデザイナーの場合作品が必要不可欠です。

いくら口で自分はこんな人間でこんなすごいことができて~なんて言っても

”結局は何ができるのか”

これに尽きます。

この作品=〇〇さん

この図式ができあがってこないとなかなか認知度は上がっていきません。

なので全てのデザイナーはTwitterなどのSNSを始めて個人作品や仕事の実績を(公開して問題ない範囲で)広めていくべきだと思っています。

>>デザイナー向けのTwitter攻略記事はコチラ!

認知度×クオリティ=引く手あまたの人材になり市場価値を上げていきましょう!!

それではまた、次の記事で!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする