【学習効率倍増!】ラーニングピラミッドから学ぶ記憶に定着させるコツ

こんにちは、ゲーム業界CGデザイナーの鬼木です(Twitterはコチラ!

コチラのサイトで3DCGキャラクターのメイキングを公開しているのでよかったら見てください。

この記事を読むと効率の良い学習の仕方を学べます。

長時間勉強しているのに、なかなか記憶に定着しないことってありませんか?

実はそれ、効率の悪い学習の仕方をしているかもしれません。

アメリカ国立訓練研究所が発表した「ラーニングピラミッド」という学説があるのですが以下の図を見てください

ラーニングピラミッドでは7つの学習方法にそれぞれ学習定着率を定めています。

上から受動的な学習

講義を受ける…5%

資料や書籍を読む…10%

動画教材による学習…20%

実演を見る…30%

つづいて能動的な学習アクティブラーニング

他の人と相談したり話し合う…50%

自分の手で練習、経験…75%

他の人に教える…90%

このように同じ学習でも方法の違いでかなりの学習定着率に差が出ることがわかります。

人に教えるのが一番覚えるというのは心当たりがある方も多いんじゃないでしょうか?

学習はおおまかに2パターンに分けることができて、受動的な学習能動的な学習があります。

中でも高い学習定着率があることが認められているのが能動的な学習であるアクティブラーニング。

能動的というのはつまり受け身の姿勢ではなくて自分から主体性を持って学習に取り組むことです。

勘違いしないで欲しいんですが本を読んだり実演を見るのも悪いことではないんです。

でもそれだけでは足りなくて自らの意思で質問したり試行錯誤したりする時間は必ず必要になってきます。

少し覚えてきたら他の人に教えてあげるのもいいでしょう。

きっと喜ばれるしあなた自身も記憶に定着するので一石二鳥です。

ぼくも副業で専門学校の講師をやっていますが講師をやる前よりはるかにその分野に詳しくなりました。

教えようとする行為は分かりやすく伝えるために頭の中で情報を整理するので非常に脳が刺激を受けます。

覚えた知識はぜひ他のみんなにも教えてあげてください!そうやって教え、教えられる環境づくりを構築していきましょう。相乗効果で学習効率が良くなること間違いなしです!

それではまた、次の記事で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする