クリエイター職の人がiPadを買うべき4つの理由

こんにちは、鬼木です(Twitterはコチラ!

みなさん、iPadって持ってますか?

ぼくは最近iPadの魅力に気づいた一人なんですがまだ持っていないみなさんにもぜひオススメしたいと思ってiPadを買った方がいいと感じたポイントについて今回は解説しました。

そもそもスマホじゃダメなのか?

iPadとは一言で言ってしまえば大きな画面のiPhoneです。

しかし画面が大きくなったということでスマホとは違った様々な恩恵を受けることができます。

iPhoneがあればiPadはいいかな…

そう考えてた時期がぼくにもありましたが覆されました。

ぼくの個人的な考えですが

iPhoneは「他人とのコミュニケーションに用いるのが最適」で

iPadは「情報を消費するのに用いるのが最適」だと思います。

iPhoneは電話、メール、LINE、Twitter、インスタグラムなどといった片手間に情報を発信したり連絡を取り合うのに向いています。

一方iPadはニュースサイトをまとめて読んだりYoutube、Amazonプライムなどの動画コンテンツ、電子書籍など消費に特化したツールだと思います。

このあとより細かくクリエイター向けの使い方を紹介します。

iPadでどこでもイラストが描ける

別売りのAppleペンシルを購入すれば筆圧感知して手書きでサラサラと描くことができます。

電車の中だろうがベッドの中だろうがどこでも、です。

セミナーや打ち合わせで使う電子メモ帳として使ってもいいし、

がっつりイラストを描きたいときやサッと描くスケッチなどにもいいでしょう。

ちなみに絵を描く用途であればAppleペンシルが対応しているiPad Proを買いましょう!

サイズは10.5インチと12.9インチの2種類があります。

容量は64GB、256GB、512GBの3種類があります。

家主体で活用するのであれば12.9インチがよさそうですが外主体なのであれば機動性のある10.5インチがいいかもしれませんね。

容量はお好きなものをどうぞ

そしてこちらがiPad Pro対応のAppleペンシルです。

電子書籍を表示するのに便利!

電子書籍といえば有名なのがAmazonの提供しているKindleですがそれもKindleアプリをダウンロードすればiPadの大画面で読むことができます。

ビジネス書を読んでもいいし漫画もいいですね。

しかしあえてクリエイター向きの使い方で言うと厚くなりがちな参考資料や技術本を見やすい位置と角度で快適に表示するのがとても便利です。!

経験がある人もいると思いますが手元で資料本を見ながら作業するのってとても邪魔です。笑

そこでiPadに資料や技術本のチュートリアルなどを表示することで快適なまま作業ができるようになります!!

別売りですがこんなスタンドなんか買うと便利です。

このスタンドを使ってこういった分厚くなりがちな人体の参考書なんかをiPadに表示して作業するのがオススメですよ!(※Kindle版です)

外出先で自分の作品を大画面で人に見せることができる

これはクリエイター職の人特有ですが地味に利点だなと思います。

セミナーとか業界の飲み会とかで外部の方と会う機会ってけっこうありますよね?

そんなときiPadがあればすぐに自分の作品なんかを大きな画面で披露することができます。

これはiPhoneとかの小さな画面だとけっこうやりづらいんですよね。笑

その点iPadであればArtstationやPixivなどの作品投稿サイトも大きな画面で見ることができるのでその場でアピールすることができて便利です。

AmazonプライムやNetflix、などの動画配信サービスの恩恵をフルに得られる

ぼくはよくAmazonプライムで映画や海外ドラマをよく観るのですが、前から寝る前にベッドで寝ころびながら観たり通勤時間とかの移動中に観たいなぁってよく思っていました。

その願い、iPadがあれば叶います。笑

まぁ言ってしまえばiPhoneでも見れますがやっぱ画面が小さい!!正直スケールダウンして迫力に欠けます。

ですがiPadなら十分な画面の大きさなので満足すること間違いなしです!

こちらのU-NEXTという動画配信サービスもオススメです。

配信数は動画配信サービスの中でもトップクラスに多く配信しており、Amazonプライムなどで配信していないタイトルも恐らくこちらならあると思います。(約10倍のコンテンツ数あります)


(大きい声では言えませんが実を言うと成人向けコンテンツも見放題の対象となっているめずらしいサービスです。)

以上、iPadの魅力が少しでも伝わったら嬉しいです。

よかったら以下のリンクから買っていただくと紹介料貰えるのでぼくがちょっとうれしいです。笑

それでは、また

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする