【レビュー】バイオハザードRE:2をプレイしたら傑作すぎた

こんにちは、ゲーム業界CGデザイナーの鬼木です(Twitterはコチラ!

2019年1月25日に株式会社カプコンから発売された「バイオハザードRE:2」

こちらは1998年に発売された「バイオハザード2」のフルリメイク作品なのですがいざプレイしてみると傑作すぎてレビューを書かずにはいられなかったので書きます!!

RE ENGINEで表現された恐怖を増長する驚異のグラフィック!

バイオハザード7」で導入されたカプコン製のゲームエンジンであるRE ENGIN。

それが今作「バイオハザードRE:2」でも採用されたことにより、エンジンの描写力も手伝ってリアリズムにこだわった汚くも恐ろしいラクーンシティが完全再現されていました。

オリジナルの方もプレイしたことがあるのですが現代のゲームエンジンで表現されるとここまで序盤の警察署が恐ろしい空間になるのかと驚愕したほど…!

窓から差し込む月の光に照らされてうごめくゾンビやリッカーたち…思い出すだけでも怖いです…笑

キャラクターも超リアル!

前から素晴らしいクオリティでしたが特に最近のバイオはかなりリアルです。

というのも今作はキャラクターを一から作るのではなく、キャラクターのイメージに合った実在する人物を3Dスキャンして、そこから作りこむことで表現力が上がったそうです。

本作の主人公レオン・S・ケネディのモデルとなったルーマニアのモデル、Eduard Badalutaさん

もう一人の主人公クレア・レッドフィールドのモデルとなったJordan Mcewenさん

どちらもすごい美形!

リソース管理が重要なサバイバルホラー

今作ではゾンビがかなりタフになりヘッドショットを数回決めて倒したと思っても、しぶとく立ち上がってくることがよくあります。

敵がしぶとく数も多い割に手に入る弾薬にも限りがあるので(しかもかなりギリギリ!)プレイヤーは常に選択肢を迫られるようになりました。

メインの敵となるゾンビの対処ひとつとっても、貴重な弾薬を何発も消費してしっかり倒すか、または脚などを1.2発撃ってひるんでいるうちに横をすり抜けるか、はたまた弾薬を節約して噛みつかれながらもハーブを使って強引にゴリ押しするか…

手持ちのアイテムと相談しながら、今はどの手段がベストなのかを考える。

そんな選択を幾度となく迫られます。

持ち歩けるアイテムの数にも制限があるので、どの程度武器や弾薬を持ち歩いて、アイテムを拾える余裕を作るのかといったことも頭を悩ませる要因となります。(火炎放射でけぇんだもん…)

このゲームに向かない人

・ホラーが苦手

この問題がやっぱり一番大きいです。笑

正直今回のバイオは実写さながらのグラフィックの美麗さも手伝って個人的にシリーズでもトップレベルの恐怖感を味わえます。怖いのが苦手な人だと新しいドアの前で立ちすくんで進めなくなってしまうかも…でももし怖いもの見たさでも興味を持ってもらえたなら是非プレイしてほしい!恐怖感もありますがおもしろさももちろんありますので!

・シューティングが苦手

この問題も大きいです。

今作は主人公が主に銃で敵と対峙するのですがゾンビの頭はフラフラと揺れて当てづらいし、ゾンビ犬やリッカーは素早くて苦労します。

下手したら無駄撃ちしたままセーブして詰んでしまうことも…

慣れれば簡単にヘッドショットを的確に狙えるようになると思いますが最初はストレスたまるかもしれませんね。(一応初心者向けに照準アシストしてくれる難易度もあります)

まとめ

最後になりますが「バイオハザードRE:2」は間違いなく傑作で自信を持ってオススメできます!

オリジナル版をプレイした人には懐かしさを感じながらも新たなゲームシステムに驚きがありつつ、初めてプレイする人にも楽しめる素晴らしいゲームに仕上がっていると思います。

amazonから買うのが安くてオススメです↓

18禁のグロテスクバージョン↓

2019年2月15日に無料DLC「THE GHOST SURVIVORS」というウイルスの犠牲となった3人の一般市民たちの”if”を描いたゲームモードも配信予定なので今から買ってプレイするのもちょうどいいと思います。

それではまた、次の記事で!